凹凸果樹園

気が向いたらブログ名も変えるかも(?)凹な気分がちょっとでも上がって凸←こんな気分になってもらえればうれしいです。

たった一言でオレオレ詐欺を撃退する方法を80歳の祖母に聞いてきた。

 
どうも、りんごです。
 
私の祖母はウチからほど近いところで一人暮らしをしています。
私の子どもの頃からそうなのですが、数十年も同じ場所に家があると、どうも電話番号やら住んでいる人の様子やらがバレバレらしく、一人暮らしの祖母を狙って、ときどき詐欺の電話がかかってくるそうです。
 
やや話はズレますが、ここでうちの祖母のスペックを書き出してみます。
 
  • めでたく80代に突入。
  • しかしどう見ても80に見えない。
  • 競技吹き矢で高得点を叩きだしていた(友達ができなくてやめた)。
  • 60代の男性とガチンコで卓球をした翌日私たちとバス旅行に行く(前日仕事だった私がへばる)。
  • スポーツジムに通っている。
  • 背骨がまっすぐ。
  • シワがない。
  • シミもほとんどない。
  • モチモチほっぺ。
  • 肌が綺麗すぎて化粧品売場で「ぜひ測らせてほしい」と言われて色々肌を測定したら数値が全部20代だったらしい(ほんとかよ)。
  • 浜松城をの階段を登っていたとき、息切れしてはるか下の方で立ち止まっていた私を迎えに来てまた登った。
 
浜松城は少しだけGoogleストリートビューで見れるので何箇所か見ていただければわかると思うのですが、駐車場から城まで坂、坂、坂、階段、階段、階段、階段っていう感じで、ほんと、あの、いかちぃ。(たぶん城はみんなどこもそうだろうけど)
前日仕事だった私と父は完全にへばりましたよね……。
 
 
というわけで、祖母はうちの自慢の美魔女です。体力オバケとも言います。
祖母は私の知る限りでは交通事故で救急車に乗ったことはありますが、私なんか体調不良で救急車3回くらい乗ってますからね。
せっかく遺伝子もらってるのに、将来こんなおばあちゃんになれる気がまるでしない……。
 
 
で、そんな祖母の元にも(無謀なことに)詐欺の電話が色々かかってくるのだと、(おもしろい)愚痴を聞いたのでシェアしたいと思います。
 
 
 

詐欺電話を一言で撃退する魔法の一言

 
そもそも論にはなってしまいますが、祖母は頭の回転も早いので、出た瞬間に「自分に関係のある電話かどうか」がわかるらしいです。
普段から自分が通販で何を買っていて、何に対して振込をしているかちゃんと家計を把握しているので、「おたく◯◯買いましたよね?」とか言われても「いいえ、買っていません」と堂々と言い返せるのだとか。
 
あと、しょっちゅう母(娘)と連絡をとっているため、カマをかける余裕もあります。
 
「もしもしお母さん? 私だけど……」
「ユウコちゃん?」
「そうよ!」
「娘も孫もユウコちゃんなんて居ません」ガチャッ
 
絵に描いたようなやりとりですが、そんなこと本当にあるんですねえ。
 
一時、「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ」という家族の協力を訴えたCMが話題になりました。
日頃から家族と連絡をとっておくことも大切です。
 
また、私が祖母の話を聞いて思ったことは、「年を取ったから忘れっぽくなった」と落ち込んで自分に自信をなくしたりせず、 普段から自分の行動をちゃんと把握して自信を持って生活することが大事だなということです。
実に多種多様な詐欺があるそうで、前述のとおり「◯◯買いましたよね?お金払ってください」とか「え!そんなのに引っかかるの?」っていうシナリオも実際に引っかかってしまうから横行しているんですよね。
 
 
しかし、家族と頻繁に連絡をとっていなくても、気が弱くて強く言われるとつい「相手の言うとおりかも?」と思ってしまいがちな人でも大丈夫!
 
電話に出てからあんまり難しいことを考える必要もなく、一発で、たぶん時間にしてわずか1秒で詐欺電話を撃退する方法があると聞いたので、そろそろ本題に入りたいと思います。
 
魔法の一言、それは、
 
 
「もしもし!」
 
 
これだけらしいです。
 
 
待ってください。
嘘じゃないです。
本気なんです。
 
 
実際に祖母は「もしもし!」と言った瞬間に「ガチャン!」と切られたそうで。
 
 
本当に「もしもし!」しか言っていないそうです。
 
 
 
どういうことかといいますと……
 
冒頭でご紹介したとおり、祖母はバリバリ元気な魔女です。
また、声がめちゃくちゃでかい。(耳が悪いせいとかあんまり関係なく、一族の飲み会に行ったらみんな声がでかかったので、たぶんデフォルト)
 
声で年齢を測定できる機械があったらぜひ測ってみてほしいのですが、たぶん電話を通したら50-60歳くらいは軽くいけるんじゃないかなあと思います。
 
祖母曰く、電話に出るときはいかにもおばあちゃんらしく「もしもし……」と自信なさそうにボソボソとしゃべるのではなくて、ハッキリと大きな声で「もしもし!」と言うことが最大のポイント
 
普段よりちょっと高め明るく言うだけでも全然違うのだそうです。
 
 
祖母「『もしもしっ!』って言った瞬間にガチャって切られるのよ。たぶんリストに一人暮らしのおばあちゃんだと書いてあったのに『若い人が出た!』って思うんじゃないかしら」
 
私「それだ」
 
 
大きな声を出すには腹筋も必要だったりするので、お年寄りには億劫かもしれませんが、ぜひ試してみてほしいです。
 
詐欺電話なんてずるずると話を聞くだけ無駄です。
 
電話に出た瞬間「うわっ!」って相手をビビらせましょう! (つ`・ω・)三つ シュッシュッ
 
 
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんにぜひシェアしてください!